瞬間移動の術 習得❗

また、、また、、ウイーンネタですが、、。

グータラ日記では書けなかった、、

摩訶不思議な出来事を、、、。

ウイーンでは中央駅横の “ibisホテル”に宿を取ったんですが、、。

完全一人旅で、、疲れてはいましたが、、夕方にはトーマス&さくらさんと合流するので、、楽しみで、、ルンルン気分でした。

チェックインして一休みしたので、、駅まで探索に出ようと

エレベーターで一階まで降りたら、、、、。

先程チェックインした、、フロントとは様子が違うんです、、カウンターの女性も全くの別人で、、。

大きなホテルだから、、出口が違うのかなと、、不思議な気分でしたが、、とりあえず、、駅まで。

 

しばらく、、遊んで、、ibisホテルに帰りました。

部屋に帰ったら、、さくらさんから、、

LINEで「駅に着きました🎵」

 

「じゃーフロントで待っています」と

駅は直ぐ そばなので急いでエレベーターで一階へ、、。

ところが、、エレベーターが開いたら、、景色が先程と違うんです、、。

ホテルのフロントのような形状ですが、、全く、、ibisのフロントとは違うんです。

あ〜〜〜ついにボケが始まったか、、。

それとも、、ドッキリカメラ📹、、。

青くなって、、正面玄関に飛び出て、、振り向いたら

“ノボテル”ホテルって看板が、、ibis じゃない❗

瞬間移動でもしたのか、、ボケたのか、、。

こんな時、、還暦も過ぎた爺は、、まず自分を疑います❗

認知症が出たのか❗ヤバイ😵💦

ふと右を見たら、、、、ibisホテルの看板が、、。

瞬間移動でホテルを変えたのか!

疲れてるのかな~.。

急いで、、ibisのロビーへ入り、、トーマスさん達を待ちます。

半年ぶりの再会で満面の笑みでお迎えにしたんですが、、心の中は不可思議で、、混乱してました。

こっそり、、さくらさんに、、

「ibisのエレベーターで降りたら、、毎回、、隣のノボテルのロビーに出ます、、」って言ったら、、それをトーマスさんにも伝えたら、、、あっさり、、、「

そんな事はあり得ない」と脚下されました。

時間も経過して、、夕食も済ませて、階数は違うので、、

私の部屋に案内すると、、ともに、、先程の摩訶不思議な現象を、、、持ち出したら、、、検証が始まって。

9階の私の部屋から出たら、、即、、エレベータールームがあって、、。

このエレベーターですってトーマスさんに言ったら、、

トーマスさんに、、、

赤い文字を指差して、、。

ibisホテルご利用のお客様は、、あちらのエレベーターをご利用下さいと、、遥か向こうのエレベータールームを指していました。

 

何ということでしょうか、、、。

ibisホテルとノボテルホテルのエレベーターは共用だったのです、、

私の、、、直ぐ横のエレベータールームは長〜〜い廊下のなかでも、、、ノボテルの専用エレベーターだったんです。

こんな事があるんでしょうか、、

文字ガ読めないので、、、事件がおきたわけです。

知らない街でこんな現象が起きるとパニックです。

以上   摩訶不思議な現象でした。

読んだ方は大笑いでしょうが、本人はショック😱でした。

 

✳  それにしても、、ホテルのエレベーターが共用ってのがあり得るんでしょうか、、。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

瞬間移動の術 習得❗ への4件のコメント

  1. たこさん より:

    共用なんて始めて聞きました笑
    外国でこんなことあると冷静さを失っちゃいますよね( ´∀`
    瞬間異動とかは思いませんが( ´∀`)ハハ
    なにはともあれ、認知症でなくて良かったです。
    でも、アルコール性の認知症もありますから気をつけてくださいね…笑

  2. さくら より:

    あれは、絶対間違えます。
    エレベーターの前のドアに Ibsのマークのシールが大きく貼ってありました。だったら誰でもそう認識します。たとえ→矢印が描かれてあっても、エレベーターとマークさえあれば
    文字など読みませんから。

    ただ ノボテルのロビーで3人でお茶してる時に そのこと聞きましたが トーマスには通訳してる私が疑われてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

トラックバックURL:
http://aso.main.jp/asojiro/wp-trackback.php?p=11745